アルザスを旅する!コルマールから小旅行できる観光スポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルザス地方のコルマールに一泊したなら、もう少しプラスして観光をおすすめしたいのが、近くの村に行くこと。コルマールの周りには、『フランスのもっとも美しい村』(Les plus beaux villages de France)に指定されている村が3つあります。

今回は、その中のひとつ、『リクヴィール(Riquewihr)』。そしてオー クニクスブール城(Haut-Koenigsbourg)』を紹介します。

■コルマールからリクヴィールへの行き方は?
■リクヴィールの見どころは?
■オー クニクスブール城の行き方は?
■オー クニクスブール城の見どころは?
今年の秋、リクヴィールとオー クニクスブール城を実際に訪れた私が魅力をお伝えします!

コルマールからリクヴィールの行き方

バスで行く

コルマールの駅前から、バスが出ています。106番のバスに乗車します。
バスの本数は少なく、日曜日・祝日は運休です。また、学校の休みの日、バカンス期間は、さらに本数が減りますので、ご注意を!

2019年版、コルマールからリクヴィールまでのバス時刻表 

  • 一枚目の時刻表は、コルマール行き
  • 二枚目の時刻表は、コルマール発
Année・・・年間通して、月~土曜日は運行
Scol・・・・学校の休日は運休

コルマールのバス停は、『Gare SNCF』駅前です。

目的地の停留所は、『Riquewihr Poste(リクヴィール ポスト)』郵便局前です。

乗車時間は、約30分

バスの切符

バスに乗るとき、運転手から購入します。

運賃は、リクヴィール(Riquewihr)まで、往復 6.50ユーロ(乗車と降車が同じ日であること)

片道は、4.05ユーロ

シュクル
シュクル

2019年11月の情報です。時刻表、バス料金など、変更になることがありますので、必ず公式サイトで確認してくださいね。

観光ツアーで行く

コルマール発で『アルザスワイナリー1日観光ツアー』などがあり、リクヴィールだけでなく、オー クニクスブール城、地元のワイナリーを訪れるものがあるようです。公共交通機関では行きにくいところを効率よく回れます。
ツアーが開催されるシーズンが限られる場合もあるので、旅行代理店に確認してください。

タクシーで行く

コルマールから、タクシーで約30分。料金は、30ユーロ~40ユーロくらい

リクヴィールの見どころ

ぶどう畑と山に囲まれた中世の村、『リクヴィール(Riquewihr)』
村の周辺に城壁が巡らされていて、こんなところに何があるの?と思って進んだら、メゾン ア コロンバージュ(Maison à colombage)の建物が目の前に広がります。

中世に迷い込んだかのようなかわいらしい街並みに心が奪われます。村のすべてがコロンバージュ建築になっていて、まるで中世から時が止まってしまったみたい。

村の人口は約1200人程度。30分ほどで回ることができます。しかし、交通の便もさほど良くない、こんな小さな村に年間200万人もの観光客が訪れるのは、それだけ魅力的な世界があるからだと思います。

街並み

中世の村にとけ込む、おしゃれな看板がたくさんあります。

こうのとりの看板も!

脇道も中世の雰囲気が残る街並みです。

かわいいお店

何気ないパティスリーでもかわいいディスプレイが目を引きます。クグロフやマカロン、メレンゲなど、美味しそうな焼き菓子がたくさんあります。

リクヴィールにも、プレッツェルが!

ワインショップ

カーヴ(Cave)のようなワインショップもあります。もちろん、テイスティングもできます。
周辺の直売をしているワイナリー巡りができればベストなのですが、ワインショップでもお気に入りのアルザスワインを見つけることもできます。値段はワインの種類によりますが、けっして観光客価格というわけではないので、ご安心を。

ピノ ノワール(Pinot noir、赤)と ピノ グリ(Pinot gris、白)を購入

ぶどう畑

リクヴィールの周りはみごとなまでにぶどう畑が広がります。バスや車に乗ってリクヴィールに到着するまでも、壮大なぶどう畑を存分に楽しむことができます。このぶどう畑がアルザスワインを作っているんだと思うと感動的です。
夏は緑がいっぱいの美しいぶどう畑が見ることができます。

コルマールからオー クニクスブール城の行き方

オー クニクスブール城(Château du Haut-Koenigsbourg)
アドレス:67600 Orschwiller Alsace France

電車とシャトルバス

コルマール(Colmar)→ストラスブール行きのTER(急行)に乗り『セレスタ(Sélestat)』で下車

セレスタ(Sélestat)から500番のシャトルバスに乗る

シャトルバスの運賃 2.50ユーロ
*バスの切符を提示すると入場チケットが割引になります。

シャトルバスの運行については、季節によって異なります。公式サイトで確認してください。

公式サイト(フランス語)

*言語を英語に変更すると限られた情報だけになるので、詳しい情報をえるためにフランス語を選択してください。

観光ツアーで行く

コルマール発で『アルザスワイナリー1日観光ツアー』などがあり、オー クニクスブール城だけでなく、リクヴィール、地元のワイナリーを訪れるものがあるようです。公共交通機関では行きにくいところを効率よく回れます。
ツアーが開催されるシーズンが限られる場合もあるので、旅行代理店に確認してください。

オー クニクスブール城の見どころ

お城から見える景色

標高755メートルの山の上に建つオー クニクスブール城(Haut-Koenigsbourg)
道中から、ぶどう畑を超えて遥か彼方の山の上にお城が見え、本当にあんなに上まで行けるの?と思えるほど遠くにそびえ立ち、その存在感が半端ないです。

シュトファンベルク山の上に12世紀に建てられたお城は、当時、南北に続く小麦とワインの街道、東西に続く塩と銀の交易街道の交差点に位置していました。

オー クニクスブール城はロマンチックな古城というより、巨大な要塞です。それもそのはず、シュトファンベルク山の戦略的な地の利の重要性から、幾度も戦いや侵略に巻き込まれた歴史があります。

見張り用の小窓

入り組んだお城の内部は、中世に使われていた弓、剣などの武器や甲冑(かっちゅう)が展示してあります。城壁にはところどころ見張り用の小窓があり、大城砦には大砲があります。中世ヨーロッパの戦いの歴史と当時の人々が暮らしていた生活空間を垣間見ることができます。

入場料

  • 大人 9ユーロ(シャトルバスの切符を提示した場合、7ユーロ)
  • 6歳から17歳 5ユーロ(シャトルバスの切符を提示した場合、4ユーロ)

営業時間

営業時間
1・2・11・12月9h30~12h,13h~16h30
3・10月9h30~17h
4・5・9月9h15~17h15
6・7・8月9h15~18h

毎週月曜日は10h30からオープン

コルマールから小旅行できる観光スポットのまとめ

シュクル
シュクル

コルマールから小旅行できる観光スポットとして、『リクヴィール(Riquewihr)』『オー クニクスブール城(Haut-Koenigsbourg)』を紹介しました。

 

今回の旅行で、すっかりアルザスにはまってしまいました!

リクヴィルだけじゃなく、次回はコルマール周辺の『フランスのもっとも美しい村』(Les plus beaux villages de France)にも行ってみたいと思います。
■エギスハイム(Eguisheim)

■ユナヴィル(Hunawihr)

指定はされていないけど、かわいい村

■リボヴィレ(Ribeauville)

 

やはり旅行の季節は、たわわに実ったぶどう畑や花々が街中にあふれる夏がいいかもしれません。しかし、クリスマスシーズンも捨てがたい!
ストラスブールにも行きたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました