ナフィサトウ・ティアム2020東京オリンピック、注目のベルギー選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年東京オリンピックで、活躍する注目のベルギー選手を紹介します!

海外に住んでいても、もちろん応援したくなるのは日本人選手です。しかし、やはり住んでいればその国にも思い入れが生まれ、選手が活躍すれば嬉しいものです。

日本人が強いスポーツ、ベルギー人が強いスポーツ、二つの側面から応援できて楽しさも二倍になります。

今回は、ベルギー選手の中からメダルがもっとも期待されている女子陸上のアスリート、ナフィサトウ・ティアム(Nafissatou Thiam)を紹介します。

■ティアムのプロフィールは?
■ティアムの出場する競技は?

■過去の成績は?
■ティアムってどんな人?

ティアムのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nafi Thiam(@thiam_nafi)がシェアした投稿

ナフィサトウ・ティアム(Nafissatou Thiam)

ベルギー人の母とセネガル人の父親を持つアスリート
1994年8月19日生まれの25歳。ブリュッセル出身
身長184cm、体重64kg

『Queen of Athlete』と称されるヨーロッパでは人気の7種競技のワールドチャンピオン。

ティアナは、2013年にジュニア五種競技で屋内ベストを獲得したときに、初めて国際シーンで注目を浴びました。その年に、ヨーロッパジュニア選手権で金メダルを獲得し、モスクワで行われた世界陸上に初出場しました。

2016年には、リオオリンピックで7種競技の金メダリストになり、世界クラスのアスリートとしての地位を確立しました。

7種競技で7013ポイントを獲得したのは、 2017年5月27日オーストリアで行われた複合競技の大会ハイポミーティング。

美しいルックスと実力を兼ね備えたティアナは、2013年以来、ずっと注目を浴び続け数々のメダルを獲得してきました。

ティアムの出場する競技、七種競技

七種競技とは?

女子陸上の競技で、7つの競技を二日間で行い、それぞれの競技の結果で取得した得点の総合得点で順位が決まります。

  • 100mハードル
  • 砲丸投げ
  • 走高跳び
  • 200m
  • 走幅跳び
  • 槍投げ
  • 800m

短距離と中距離、投てき、跳躍など、陸上競技におけるすべての能力が必要とされていて、もっとも過酷でタフな競技の一つ。

ティアムの記録

7種競技の総合得点で7000ポイントを超えるのはとても難しく、すべての競技でよい結果を出さなければ到達できません。

7種競技で、7000ポイントを超えた記録を持っているのは、世界でたった4人だけ。

ティアムの記録は、7013ポイント。歴代3位です。

ティアムの記録各競技の世界記録
100mハードル13.34秒12.20秒
走高跳び2.02m2.09m
砲丸投げ15.52m22.63m
200m24.37秒21.34秒
走幅跳び6.86m7.52m
槍投げ59.32m72.28m
800m2分15.24秒1分53.28秒

各競技の世界記録は、もちろんそれぞれの選手が樹立したものですが、ティアムはひとりでこの記録を達成しています。
とくに走高跳びは、この競技でメダルを目指せるほどの成績を残しています。

ティアムのこれまでの成績

2013年ヨーロッパジュニア選手権
7種競技 金メダル 6298ポイント

2014年ヨーロッパ選手権
7種競技 銅メダル 6423ポイント

2015年ヨーロッパ室内選手権
5種競技 銀メダル

2015年ヨーロッパU23選手権
走高跳び 銀メダル

2016年リオ、オリンピック
7種競技 金メダル 6810ポイント

2017年ヨーロッパ室内選手権
5種競技 金メダル

2017年ロンドン世界陸上
7種競技 金メダル 6784ポイント

2018年ヨーロッパ選手権
7種競技 金メダル 6,816ポイント

2019年ドーハ世界陸上
7種競技 銀メダル 6677ポイント

ティアムってどんな人?

クールな外見とストイックな姿がかっこいいティアムは、感情を表に出してアグレッシブに戦うのではなく、もくもくとゴールに向かって競技をこなしていくタイプ。シリアスな表情のあいまに時折見せる笑顔がキュートです。

素顔のティアムは、シャイでまじめな女の子。リエージュ大学の地理学の卒業生であり、地理学は『七種競技のように学際的だから好きな科目』といっています。

美しさと強さを持ったティアムは、モデルでも活躍しています。
そして、2017年からユニセフ大使として貧困に苦しむ子どもや難民の子どもたちに教育の機会と発言の場を与えようと支援しています。
それは、アスリートとして注目を浴びながら結果を出し、また学生として大学の学位を取って両立させたティアムだからこそ、大切にしたい取り組みなのだと思います。

2015年
Belgian Sportswoman of the Year

2016年
European Athletics Rising Star of the Year

2016年
IAAF(国際陸上競技連盟) Rising Star of the Year

2016年
Belgian Sportswoman of the Year

2017年
Forbes 30 under 30 for Europe

2017年
IAAF(国際陸上競技連盟) Female World Athlete of the Year

2017年
Belgian Sportswoman of the Year

ナフィサトウ・ティアム2020東京オリンピック、注目のベルギー選手のまとめ

シュクル
シュクル

今回は、東京オリンピックで注目のベルギーの陸上選手、ナフィサトウ・ティアムを紹介しました。

2019年ドーハで行われた世界陸上では、惜しくも2位。肘をケガしていて得意のやり投げや砲丸投げなどベストな状態でいどめませんでした。それでも結果を出して銀メダルです。
2020年東京オリンピックでは、ライバルの カタリナ・ジョンソン=トンプソンと戦って、いい試合を見せてくれることと思います。
ティアムが教えてくれた7種競技の面白さ、オリンピックで注目です!

タイトルとURLをコピーしました