ヨーロッパ発!自分にご褒美、かわいくて美味しい砂糖菓子8選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーロッパには甘くて心もとろけそうなスイーツがたくさんあります。
見た目もかわいらしくて、色もカラフル。おしゃれなスイーツはケーキやチョコレートに目がいきがちですが、まだまだ奥が深いヨーロッパのスイーツ。今回はかわいい砂糖菓子を紹介します。
中には日本でお取り寄せできるものもあります。自分へのご褒美ギフトにもぜひどうぞ!

■チョコレート系の砂糖菓子の種類は?
■ベルギーならではの砂糖菓子は?
■フランスの砂糖菓子は?

日本で砂糖菓子といえば、落雁(らくがん)や和三盆、金平糖など和のテイストですが、ヨーロッパの砂糖菓子はもっとおやつに近く、身近なスイーツです。
かわいくて、しかも美味しい砂糖菓子。選ぶときの参考になれば嬉しいです。

パン屋で買う美味しい焼き菓子10選は、こちらをどうぞ!

ブリュッセロワにも人気!パン屋で買う美味しい焼き菓子10選
ベルギーのパン屋に並ぶ焼き菓子はたくさんあります。ケーキとはひと味違うスイーツ、気軽に買える焼き菓子を紹介します。小腹がすいたとき簡単に食べれるものから、デザート系、お土産にぴたったりなものまで、美味しい焼き菓子をまとめてみました。

チョコレート系の砂糖菓子

ショコラティエが作る砂糖菓子を紹介します。

オランジェット(Orangette)

オレンジピールにチョコレートをかけたお菓子。ビターチョコレートが柑橘の皮の苦味や酸味とよく合います。オレンジはベルギーのチョコレートのフルーツフレーバーの定番。相性ばっちりです。スティックタイプと輪切りになっているタイプがあります。フルーツ感も楽しめる輪切りタイプがおすすめです。ミルクチョコレートがけも。

買える場所:チョコレートショップ、スーパーマーケット

おまけ、ゴディバのチョコディップストロベリー

砂糖菓子ではありませんが、本場で食べるゴディバのフレッシュストロベリーのチョコレートがけは外せません。大人買いしたい一品です。

買える場所:ゴディバ

ベルギーならではの砂糖菓子

ベルギー伝統の砂糖菓子を紹介します。

マノン(Manon)

マノンとは、フレッシュクリームとナッツをフォンダンシュガーで包み込んだ砂糖菓子のこと。
見た目はカラフルなチョコレート?と思われがちですが、厳密にいうとチョコレートではありません。新鮮なフレッシュクリームが使われているため、賞味期限が短く、要冷蔵です。そのため、マノンは現地でしか食べられない特別な砂糖菓子となっています。本来はフォンダンシュガーでコーティングされたものですが、最近はチョコレートで包んだものもあります。

買える場所:チョコレートショップ

キュベルドン(Cuberdon)

中に甘いシロップが入ったグミのような砂糖菓子。円すいの形をした紫色のキュベルドンがもっともポピュラー。伝統的な味はフランボワーズです。外側が固めの食感で中はトロっとしています。
ストロベリーやレモン、メロン、ピスタチオなどのフレーバーもありカラフルな品揃えです。添加物が使用されていないものは賞味期限が短くなっています。

買える場所:マルシェの屋台、チョコレートショップ、スーパーマーケット

フランスの砂糖菓子

フランスは砂糖菓子がたくさんあります。砂糖菓子を専門に扱う店コンフィズリー(confiserie)にはカラフルでかわいいお菓子であふれています。

ヌガー(Nougat)

ソフトキャンディーのようでもあり、キャラメルのようでもあるヌガー。砂糖やはちみつ、水飴を煮詰めたものにアーモンドやピスタチオなどのナッツ、ドライフルーツを加えて冷やして固めたお菓子です。チョコレートのフィリングとしてプラリネにミックスされたりします。
柔らかく軽い触感の『白いヌガー』はフランス、プロバンス地方モンテリマールの名産品。

買える場所:マルシェの屋台、スーパーマーケット

パート・ド・フリュイ(Pâtes de fruits)

濃厚な果汁を煮詰めてペクチンでぎゅっと固めた小さなキューブの砂糖菓子。フルーツ本来の香りと甘みを凝縮。瑞々しい一粒一粒をグラニュー糖でまぶし、表面を輝かせます。いちご、カシス、アプリコット、りんご、マンゴーなどの果物が使われています。
グミとは一味違った砂糖菓子です。

買える場所:パティスリー、スーパーマーケット

マロングラッセ(Marron glacé)

秋になるとパティスリーやショコラトリーのお店に並ぶマロングラッセ。丁寧に渋皮がむかれた大粒の栗を手間暇かけて仕上げられたものは芸術品のよう。一粒、数ユーロするものも。アルコールがきいているものもありますのでご確認を。

買える場所:パティスリー、チョコレートショップ、スーパーマーケット

おまけ、ドラジェ(Dragée)

アーモンドを白、ピンク、ブルーなどの色とりどりの砂糖でコーティングしたお菓子。ヨーロッパでは結婚式、出産、洗礼などお祝い事で配られるお菓子です。自分で買うというよりは、いただきものです。

ヨーロッパの砂糖菓子

キャラメル(Caramel)

キャラメルはスーパーで買えるものから、パティスリーが手がけるものまで幅広くあります。
ブルターニュ名産品のひとつ塩バターキャラメルは、ゲランドの塩フルール・ド・セル(Fleur de sel)を使って作られています。濃厚なバターの風味とほんのり塩味が特徴。

買える場所:パティスリー、スーパーマーケット

マジパン(Massepain)

砂糖とアーモンドを粉末状に挽いて練りあわせたお菓子。もちっとした食感と独特の風味が特徴。ヨーロッパでは、野菜や果物、子豚などリアルに形成、色付けされた一口大のものが売られています。子たちたちは大好きでおやつとして食べています。
チョコレートのフィリングや、ケーキのデコレーションにも使われたりします。

買える場所:パティスリー、チョコレートショップ、スーパーマーケット

かわいくて美味しい砂糖菓子のまとめ

シュクルのおすすめはベルギーならではの砂糖菓子。

マノン(Manon)

キュベルドン(Cuberdon)
ベルギーに来たときは必ず食べてほしい逸品です。

栗の季節なら、パティシェ自慢のマロングラッセ(Marron glacé)を!本場の美味しさにびっくりしますよ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました