スイーツを食べつくそう!ベルギー、フランスの美味しいケーキ12選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一口にケーキといっても、いろいろな種類があります。パティスリーのショーケースにずらりと並んだケーキはどれもこれも美味しそうなものばかり。どれを選ぼうか迷ってしまいます。
今回はムース系、クリーム系、チョコレート系に種類をわけて、どんなケーキがあるか紹介します。ベルギー、フランスの美味しいスイーツの中から、お好みのケーキを見つけてください!

■どんなケーキがあるの?
■ベルギーならではのケーキは?

パティスリーには併設してカフェやサロン ド テ(Salon de thé )があるお店も。旅行中、ケーキを選ぶ場面が幾度かあることと思います。そんなときのために、美味しいケーキをおすすめします。

ベルギー&フランスの美味しいケーキ、タルト編はこちらをどうぞ!

絶品スイーツ!ベルギー&フランスの美味しいケーキ、タルト編10選
パティスリーのショーケースにずらりと並ぶケーキの美しさは見ているだけで幸せな気分にしてくれます。タルトは旬のフルーツを使ったものから、ブラウンシュガーやお米を使った変わり種まで、アレンジはいろいろ。ヨーロッパならではのタルトを紹介します。

ムース系のケーキ

ムースはフランス語で『泡』。メレンゲや生クリームをベースにフルーツピューレやチョコレートを加えて作るケーキ。クリーム系よりも軽くゼラチンを使ったものはやや弾力があります。

シャルロット オ フレーズ(Charlotte aux fraises)

ブドワー(Boudoirs)というビスキュイでまわりを囲み、甘酸っぱいいちごのムースが入ったケーキ。いちごがたっぷりデコレーションされていて、見た目もとてもかわいい!ビスキュイのまわりをリボンで結んで『帽子』の形に見立てています。

ムース オ フランボワーズ(Gâteau-mousse aux framboises)

ラズベリーのムースケーキです。色鮮やかなフランボワーズはスイーツとの相性がよく、どこのパティスリーにもある定番のケーキ。甘酸っぱいフランボワーズのピューレは大人の味です。

クリーム系のケーキ

フランスやベルギーのケーキに使われるクリームは、しっかり味わえるバタークリームやカスタードクリームが多いです。日本のケーキのように、甘さ控えめなんてケーキはなく、ボリュームもあるので別腹にはならないかも。

パリブレスト(Paris-Brest)

自転車の車輪をイメージして作られたパリブレストは、リング状のシュー生地のあいだにプラリネクリームやカラメルクリームなどをサンドしたケーキ。

ミルフィーユ(Mille feuille)

サクサクの3層のパイ生地のあいだにカスタードクリームを挟んだものがスタンダード。中には、バタークリーム、生クリームをアレンジしたものも。表面には粉砂糖がかけられていて、雪のケーキのよう。
ミルフィーユ・オ・フレーズ(Mille feuille aux fraises)はクリームにいちごが挟まれていています。

フレジェ(Fraisier)

いちごの美味しいシーズンになるとショーケースに並ぶケーキです。見た目は、フランス風ショートケーキ。しかし、生地はアーモンドパウダーが入ったしっとりリッチなタイプで、バタークリーム、カスタードクリームを使っています。ショートケーキだと思って食べると違いにおどろくかも!

おまけ、ブッシュ ド ノエル(Bûche de Noël)

クリスマスシーズンになると、どこのパティスリーのショーウィンドーにも並ぶブッシュ ド ノエル。ロールケーキを薪のようにカカオパウダーで茶色に色付けしたクリームでデコレーションしてあります。季節限定だからこそ、味わってみたいケーキです。

チョコレート系のケーキ

チョコレートの美味しさを知り尽くしているショコラティエが作るチョコレートケーキは絶品です。ベルギーで食べるチョコレートケーキにハズレなし!です。

ガトー オ ショコラ(Gâteau au chocolat)

溶かしたチョコレートを混ぜて焼いたケーキの総称。
主にダークチョコレートが使われ、しっかり焼かれたものでも、中がしっとり柔らかいものもあります。
フォンダン オ ショコラ(Fondant au chocolat)は中がトロっとして溶けたチョコレートが入っています。
モエルー オ ショコラ(Moelleux au chocolat)も中が柔らかいチョコレートケーキです。

ミロワール・オ・ショコラ(Miroir au chocolat)

ケーキの表面を鏡のような艶々のチョコレートがグラサージュされています。中はプラリネやムースショコラが使われていたり、ムースショコラの中にフランボワーズのピュレのクリームが入っていたり、アレンジはいろいろ。チョコレートをたっぷり味わえるケーキ。

オペラ(Opera)

パリのオペラ座にちなんだケーキ。アーモンド入りのビスキュイ・ジョコンド生地にコーヒー味のバタークリーム、ガナッシュを重ね合わせて層を作り、トップにはチョコレートのグラサージュ。コーヒーの風味と濃厚なチョコレートを楽しむ大人のケーキ。

ベルギーの伝統菓子・ケーキ

昔から多くの人に愛されているベルギーの伝統的なケーキは3種類あります。

ミゼラブル(Misérable)

アーモンドパウダーを加えたスポンジ生地のあいだに、バニラ風味のバタークリームをはさんだケーキ。何層かになっていて、口当たりの軽いスポンジ生地と濃厚なバタークリームが絶妙なバランスで美味しさを引き立てています。

ジャヴァネ(Javanais)

ビスキュイ・ジャヴァネとよばれるアーモンドの薄く両面を焼かれた生地にコーヒー風味のバタークリームを何層も重ねたケーキです。トップにはチョコレートのグラサージュがかかっていて一見、チョコレートケーキ?と思うかもしれませんが、風味はコーヒーです。
見た目はフランスのケーキ、オペラ(Opera)に似ていますが、まったくの別物です。

メルべイユ(Merveilleux)

ベルギー、北フランスの伝統的なスイーツ。
メレンゲにホイップクリームを重ね、削ったチョコレートやナッツをまぶして包んであります。ふわっとした軽い口どけが特徴。

フランス、ベルギーの美味しいケーキのまとめ

お隣の国フランスの美味しいケーキがベルギーでも食べられるのは幸せですね。

 

その中でも、ベルギーに来たときに食べてもらいたいのが、
ヴィタメール(Wittamer)フォレ ノアール(Forêt noire)

チョコレートムースとフレッシュクリームを包んだミルクチョコレートの美味しさは感動的です。

 

ベルギーの伝統的なケーキなら、

ミゼラブル(Misérable)
メルべイユ(Merveilleux)

気軽に食べられます。

 

いろいろ食べたいときは、小さなケーキ、プチフール(Petit four)がおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました